和修会について

子ども達が、 保護者が、 地域全体が

笑顔でいっぱいあふれるように

それが私達の使命です

 和修会では、子ども達一人ひとりの個性を尊重し、一人ひとりに合わせた保育をする事の大切さを、認識しています。また、同時に保護者の皆様からお預かりする子ども達の、その命をどう守り、お預かりした姿で保護者の元へ、を第一に考え毎日丁寧に保育を行っています。そして、専門職としての責任と使命で園に通ってくるすべての子ども達や保護者の皆様が笑顔で過ごせる様に、職員一人ひとりが努力しています。
 園舎を建設する時も、第一に考えたのは子ども達や保護者の皆様が安らぎを感じられる場所に、ということでした。園舎は、子ども達が毎日、長時間過ごす場所なので、居心地のいい場所でなければなりません。それを現実のものとするために、暖かさや柔らかさが園舎内に感じられるような園舎づくりにこだわってきました。そこには、子ども達に寄り添う保育士の温かいまなざしがあります。そして、きめ細かに子ども達に気を配る対応と真心のこもった言葉があります。将来、子ども達が巣立ったあとも「自分はこの場所で愛されていた」という実感が、今後の人生の糧となり、宝になるように。”今”だけの保育を追い求めるのではなく、和修会の園で過ごした日々の想い出が、将来、自分の力で生き抜くためのたくましさを育むものと考えます。
 また、その笑顔が園内だけでなく地域が広がることを願い、保育事業はもとより子育て支援事業にも注力してきました。地域の方々を対象に、園に通っていない子ども達へも園庭を開放して一緒に遊ぶ機会を設けたり、母親講座や親子講座を実施し、保護者や子ども同士が交流できる機会を作っています。子育ては楽しい時期ではありますが、一方で保護者の方の悩みもつきものです。ひとりで抱え込むのではなく、園を訪れ、そこで出会った人々と不安や悩みを分かち合ってもらいたい。子育てで悩むすべての方に対して、和修会が
「ひとりじゃない」
「頼っていい」
であるように、頼りがいのある存在であり続けたいと思うのです。
 私達は、これまで地道に続けてきたことを今後も丁寧に紡いでいくことが使命だと考えます。抱いているのは、私達のそんな使命が地域全体に知られて大きな広がりを見せ、まるであちらこちらで笑顔の花が咲くようなイメージです。
 子ども達、保護者の方はもちろん地域の方々に、この場所がこれからも必要とされるよう、地域に根ざし、愛される存在であり続けることが、私達の思い描く未来です。

​理事長メッセージ

理事長挨拶.png

​理事長 塚本 由美

 

​法人概要

◆所在地◆

大阪府守口市寺方本通4丁目4番22号

◆設立◆

平成14年3月18日

◆代表者◆

塚本 由美

◆法人役員◆

理事6名 監事2名 評議員7名

◆職員数◆

148名

◆運営施設◆

幼保連携型認定こども園2 保育園1 保育所1

小規模保育園2 病児保育室1

◆事業概要◆

<1>保育所の経営

<2>幼保連携型認定こども園の運営

<3>小規模保育事業の経営

<4>地域子育て支援拠点事業の経営

<5>一時預かり事業の経営

<6>病児保育事業の経営

​和修会のあゆみ

平成14年 3月18日 法人許可・認可

平成14年 4月  1日 錦保育園運営開始

平成20年 4月  1日 錦保育円南寺分園運営開始

平成21年 4月  1日 子育て支援拠点事業開始

          一時預かり事業開始

平成22年 4月  1日 大阪市立下新庄保育所運営開始

平成25年 4月  1日 大阪市立鶴町保育所運営開始

平成27年 3月  5日 厚生労働省認定くるみんマーク取得

平成27年 4月  1日 にしき認定こども園運営開始

平成28年 4月  1日 評議員会設置

平成28年 4月  8日 ISO22301取得

平成29年 4月  1日 Bambi保育園運営開始

平成30年 4月  1日 北てらかた認定こども園運営開始

           Rabbit保育園運営開始

平成31年 4月  1日 病児保育室カンガルーキッズ

              ケアルーム運営開始

令和 元年 12月  1日 つるまち海の風保育園運営開始

令和  2年 2月28日 北てらかた森のこども園運営開始

令和  2年 10月  1日 北てらかた森のこども園

                                        子育て支援拠点事業開始

img36.jpg
imageくるみん.jpg
 
 

​和修会の理念

一人ひとりを大切に

保護者の気持ちに寄り添って

​子ども達の笑顔を守ります

●運営方針●

〇 子どもたちの権利を守り、安全で楽しく生活できる保育を提供します。

〇 安心して預けることができる園、家庭とのつながり大切にして子どもの健やかな成長を図る園をめざします。

〇 地域とのつながりを大切にし、子育てを支援する園をめざします。

●保育方針●

〇 基本的生活習慣を養います。

〇 自主性・創造性を育てます。

〇 自分も人も大切にする子どもを育てます。

​〇 小学校生活に対応できる力を持つ子どもを育てます。

●保育目標●

〇 健康でしなやかな身体と心をもった子ども

〇 豊かな感性をもった子ども

〇 いろいろなことに興味・関心をもち意欲的に取り組む子ども

​〇 一人ひとりの個性を尊重し違いを認め合い自分も人も大切にする子ども

 

​和修会の取り組み

​子ども達の命をまもる安全への取り組み

●地域小児病院との連携●

園児が入院した場合、病院側と園とで情報交換を行い、入院時も、退院後も過ごしやすいように見守る体制を整えます。

(情報交換は保護者の許可のもと行っています。)

●アレルギー対応●

アレルギーを持つ子どもたちも安心して給食が楽しめるよう、毎月、保護者・担当保育士・園長・栄養士が集まり、その子に合わせた献立を確認し、一人ひとりに対応。管理を徹底し、子どもの命を守ります。また、一品でも多くみんなと一緒に食べられるようにという思いから、代替食を用意しています。

●災害に強い園舎づくり●

太陽光パネルを設置し、給食室も火を使わないIHコンロを使用するなど、災害に強い園舎を目指しています。なかでも、「つるまち海の風保育園」は、大正区の指定緊急避難場所(津波避難ビル)に認定されています。また、災害時には地域の方々に園を開放しています。

●災害時には子ども達の命をまもり、速やかな保育業務の継続を行います●

各園に非常食を用意し、毎月一度、火災・地震等の防災訓練を実施しています。

また、非常時は自分たちで子ども達を守るという強い思いをもとに、地震対策を主としたもしもの有事に対応する事業継続マネジメントシステム(BMS)を構築しました。各園が連携し、互いに助け合えるように取り組んでいます。

​災害時に子ども達の命をまもり、そして、速やかに保育業務を継続することで保護者の皆様、地域の皆様をサポートする環境を整えます。また、保護者の皆様との連携を重視し、積極的な活動を推進しています。

img36.jpg

2016年 保育業界では日本初となるISO22301を取得しました。

ISO22301

事業継続マネジメントシステム(BCMS)に関する国際規格です。

​地震・洪水・台風などの自然災害をはじめ、システムトラブル・感染症の流行・停電・火災といった事業継続に対する潜在的な脅威に備えて、効率的かつ効果的な対策を行うための包括的な枠組みを示しています。

地域に愛される園作り

●地域子育て支援拠点事業●

週に一度、地域の方を対象に、親子で楽しめる子育て支援サークル活動や子育て教室、母親講座などを定期的に無償で開催しています。

●園庭開放 ●

定期的に園庭や子育て支援室を地域の皆さんに開放。こども園、保育園に通っていない子ども達や保護者にも遊びの場を提供しています。

●育児相談・保育相談 ●

子育てに関する悩みを、大阪府知事認定のスマイルサポーター・看護師が対応します。

●仕事と子育ての両立を支援【延長保育・一時預り保育】 ●

保護者の方が安心して働けるようにサポートします。延長保育の際は、夕方に保育士と一緒にテーブルを囲んでおむすびなどを食べる和みのひとときも。お腹がほどよく満たされ子どもたちは笑顔になります。

●障がい児保育●

障がいがある子どもにも、保護者と相談の上で個性にあわせたカリキュラムを用意。また、遊びながらお互いを認め合い、相手を想う心を育むなど、ともに育ち合える環境を用意しています。

食育を大切にし、感謝の心を育てる

●食欲を刺激するオープンキッチン●

給食室はオープンキッチン。昼時には調理中の音や匂いが子どもたちまで届き、みんなワクワク。また、調理師や栄養士が調理する姿をすぐそばで見ることで、自然と食への興味を引き、感謝の気持ちを育みます。

●園庭の畑で自家栽培した野菜が給食に●

園庭にみずみずしく実る季節の野菜は、子どもたちで力を合わせて育てたもの。食べ頃になると収穫し、その野菜を調理した給食がテーブルに並びます。作る楽しみの中から、食べ物の大切さを学びます。

●日本の文化に触れられる給食を●

国産の食材を使い、味付けも和風が中心。給食を食べる時は、子どもたちみんなでテーブルを囲み、正座で姿勢を正してからいただきます。食を通じて、子どもたちが日本の習慣を知る機会をつくります。